セックス時にパートナーのアソコを気持ち良くする変わったテクニック

コラム

2019/06/13

セックスは愛情を確認する行為と感じている女性も多いですが、男性にとってのセックスはまた違った意味を持っています。

 

男性ももちろんセックスにおいてパートナーの女性との愛を深めたいという思いはあるのですが、その重要度は女性程強くなく、どちらかというとスポーツのような感覚(その行為自体を楽しみたい)であることが多いのです。

 

そんな男女のセックスに対する考え方を理解し、積極的に男性を喜ばすセックスのテクニックを習得すると、男性をより満足させることができるので、結果的に愛情が深まっていくはずです。

 

この記事ではそんな「セックス時にパートナーのアソコを気持ち良くする変わったテクニック」について解説していきたいと思います。

 

 

男性のアソコを気持ち良くする変わったテクニック

 

 

男性が風俗が好きな理由の一つに「いつもと違ったテクニックを味わえる」というものがあります。

 

大好きなパートナーとのセックスも、何十回、何百回と同じように続けていれば飽きてくるのは当然ですよね。

そんな時に有効なのが「男性のアソコを気持ち良くするちょっと変わったテクニック」です。

 

ローションまみれのアソコ(亀頭)をストッキングでこする

「え?そんなことして本当に気持ちいいの?」と一瞬疑ってしまいますが、実は驚くほど刺激的で気持ちいいテクニックなのです。

方法は、ローションまみれのアソコにストッキングの切れ端で左右にこするだけです。

いつもと違う刺激的な気持ちよさを男性に与えることができますし、その表情を女性が見ることでお互い更にエッチな気分になることでしょう。

使えなくなったストッキングを捨てずにとっておけばお金もかからず試すことができますし、手軽にできるのが魅力です。

 

電動マッサージャー(電マ)で男性のアソコを刺激する

ラブホテルなどでよく見かける電マですが、ほとんどのカップルが女性に対して使っているかと思います。

しかし実は、男性のアソコに当てるだけで驚くほどの気持ちよさを与えることができるのです。

注意点としては、最初から強い刺激にしないということと、5分以上連続で使用しないことです。

大抵の電マは強弱のスイッチが付いていますので、最初は弱で試してみましょう。

パートナーの太ももや足の付け根、そしてアソコの部分(特に亀頭や裏スジが効果的)を這わせるように動かしていけば、パートナーはそれだけで昇天してしまうほど気持ちよくなってしまうでしょう。

 

オナホールを使っていつもと違う気持ちよさを与える

ドラッグストアやドン・キホーテ、アダルトショップなどでも販売されているオナホールですが、オナニーはお金をかけずにできるものなので実際あまり使ったことがないという男性も多かったりします。

男性が自分で使うためのオナホールを女性に持ってもらい、自分のアソコをしごかれる行為は、手コキとは違った新鮮な刺激として男性を昇天させることでしょう。

特にちょっとM系の男性にはとても効果的なテクニックといえます。

このような変わったテクニックを日常的に多用してしまうと、完全にアブノーマルなセックスしかできなくなってしまいますので、「あ、最近マンネリしてきたかも」というタイミングで使ってみるのが理想的といえるでしょう。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

大好きなパートナーとのセックスでマンネリになった時は今回ご紹介したような「男性のアソコを刺激する変わったテクニック」を試すことで、マンネリを打破することができるはずです。

男性は女性がセックスに積極的になるととても嬉しいと感じる生き物です。

ぜひパートナーと一緒に気持ちよくなっていただければと思います。

 

 

福岡 女性用性感マッサージ

ローズヒップ福岡 タカ

 

記事一覧はこちら

その他コラム

女性必見!男性の興奮度を上げて気持ち良くさせるちょっとしたテクニック

2020.02.14 コラム
セックスで男性を気持ちよくさせるテクニックは数あれど、知らなかったり試したことがないという女性が多いのではないでしょうか... 続きを読む

セックスとストレスの関連性と上手な付き合い方

2020.02.08 コラム
ストレス社会といわれる現代において、ストレスと上手に付き合うという能力はとても重要な意味を持っています。   ... 続きを読む

好きな男性としかセックスできない女性と好きじゃない男性とセックスできる女性の違い

2020.02.02 コラム
「好きな男性としか絶対にセックスできないタイプ」と「良さそうだなと思う男性とならば好きじゃなくてもセックスができるタイプ... 続きを読む