男性を興奮させるには自分の身体のストロングポイントを生かす

コラム

2019/11/25

女性にはとても多くの魅力が備わっていて、古今東西、世の男性達を魅了していますが、当の女性たちは自分自身の魅力にあまり気が付いていないように思います。

 

セックスにおいても、女性には「胸やお尻、性器や声、スベスベの肌、丸みを帯びたボディーライン」など様々な武器があり、そのどれもが男性にとって興奮度を高める要素となっているのです。

 

しかし、実際のセックスにおいて、まだまだ女性たちはその最高の武器たちを使い切れていないのではないでしょうか。

 

この記事では、そんな「男性を興奮させる女性の身体のストロングポイント」について解説していきたいと思います。

 

 

女性は自分のストロングポイントをしっかりと見極めるべし!

 

 

女性のストロングポイントといえば、胸やお尻がすぐに思い浮かびますよね。

 

「胸とお尻どっちが好き?」というアンケートでは、約75%が胸派で約25%がお尻派という結果になり、おっぱい好きな男性がとても多いことがわかります。

 

男性は胸やお尻の他にも、触るだけですべすべして気持ちよい美肌の女性が好きだったり、つい抱きしめたくなる丸みを帯びたボディーラインが好きという男性もいます。

 

そして、女性の外見だけではなく、色っぽい声やアニメのような可愛い声が好きな人や、すぐにグチョグチョに濡れてしまう「濡れやすい女性」が大好きという人もいるでしょう。

 

フェラチオが上手、手こきが上手、騎乗位で腰を振るのが上手など、様々な特徴が女性にはあり、「自分に自信がない」という女性でも、実は何かしら男性を興奮させるストロングポイントを持っているものです。

 

「〇〇のフェラチオ気持ちいい」

「〇〇の身体やわらかくて気持ちいい」

「〇〇の胸の大きさと形が最高」

「〇〇の喘いでいる声が最高」

 

上記のように、今まで自分の身体やセックスのテクニックなどを褒められた経験が一度は誰しもあるのではないでしょうか?

 

世の女性の多くは、そんな「ストロングポイントをしっかりと見極め、生かすことで男性を虜にできる」はずなのです。

 

 

ストロングポイントを見極めたら徹底的に実行すべし!

 

 

例えば男性パートナーがあなたの喘ぎ声に魅力を感じているならば、いつも以上に喘いでみてください。

 

例えば男性パートナーがあなたのフェラチオに魅力を感じているならば、いつも以上にいやらしく長い時間フェラチオしてみてください。

 

例えば男性パートナーがあなたのおっぱいに魅力を感じているならば、パイズリをしてあげたり、おっぱいに顔をうずめさせてみてください。

 

きっとパートナー男性は、あなたから離れられなくなってしまうはずです。

 

確かに恋愛や結婚生活において、「愛する気持ち」「恋する気持ち」は重要です。

 

その気持ちがなければ、お互いが幸せだと思う日々は訪れないでしょう。

 

しかし、愛や恋だけでは完全に満足できないのが人間の欲深いところです。

 

性欲や支配欲、陵辱欲などがある人間は、セックスライフが充実しているかどうかで日々の幸福度や満足度が大きく変わってしまうものです。

 

愛すること、恋することと同じくらい「パートナーの性欲を満たしてあげる」ことは重要なのです。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

女性にはたくさんの魅力が詰まっています。

 

まずは今までに自分の褒められたことのある身体の部位やセックスのテクニックなどを思い返してみてください。

 

もしも一つでも見つかったならば、徹底的にそのストロングポイントを生かしましょう。

 

男性パートナーの興奮度や満足度を今までよりも上げることで、パートナーはあなたに対して愛情をより与えてくれるはずです。

 

 

福岡 女性用性感マッサージ

ローズヒップ福岡 タカ

記事一覧はこちら

その他コラム

セックスのブランクがあって身体にも自信がなくなった時(セカンドバージン)の対処法

2020.05.28 コラム
セックスは男女にとって最高の幸せを感じる手段でもありますが、セックスをしなくても生きていけるので、絶対にしなければいけな... 続きを読む

愛のあるセックスと愛のないセックスの違いについて

2020.05.22 コラム
セックスに愛って必要ですか?   そんな疑問をぶつけられたら、あなたはどんな風に答えますか?   「... 続きを読む

セックスで何をしたらいいかわからない女性の改善法

2020.05.16 コラム
世の中セックスが大好きな人間ばかりというわけではありません。   男性と接する機会が全くなかったり、トラウマな... 続きを読む