男性にモテるのはSな女性とMの女性どっち?

コラム

2019/05/30

セックスにおいてSな女性とMな女性ではどちらがより男性に好かれるのでしょうか?

 

顔や性格に好みがあるように、セックスにおいてもSな女性が好み、Mな女性が好みというように分かれます。

 

果たして世の男性はSな女性とMな女性のどちらが好きなのでしょうか?

 

この記事ではそんな「男性にモテるのはSな女性とMな女性のどちらなのか?」について解説していきたいと思います。

 

Mな女性が好きな男性の心理

 

Mな女性が好きということは、すなわちSな男性という事。

Sな男性は支配欲が強いので、女性が自分の思うように従ってくれることで欲望が満たされます。

体位でいうと、正常位やバックでのセックスを好む傾向にあります。

ちなみに、データによると女性の約半数にあたる46%が自分はMだという認識があり、男性のS志向は約50%存在しているので、男女の関係において一番多いパターンといえます。

 

そんなSっ気のある男性に対しては、下記のようなテクニックを使うとより興奮度を高めてあげることができます。

 

・〇〇しないでと最初は拒む

・要望に「はい」と素直に応える

・敬語を織り交ぜる

・○○してください

・「凄い!」「もうだめ!」「壊れちゃう」などの言葉を使ってみる

 

このようにただ単純に従うのではなく、セックスの最初の前戯では「恥ずかしいからダメ」と軽く拒みながら、少しずつパートナーの要望に応えていきます。

 

そして、時折季語を織り交ぜるなどしてパートナーへの服従を示していきます。

 

セックスが盛り上がってきて、お互いの興奮がMAXに近づいてきたら「〇〇してください」や「凄い!」「壊れちゃう」などといった言葉でパートナーを一気に絶頂に導いてあげましょう。

 

Sな女性が好きな男性の心理

 

普段は頼もしい男性としてバリバリ仕事をこなしていても、セックスになると隠していたMの性欲が現れるなんていう男性も多くいます。

データによると、37%が自分はSだという認識があるそうです。

男性のMの割合が27%程度なので、「女性M、男性S」に比べると少数派といえます。

 

Mな男性は、女性からいじめられたり、辱められることで興奮するのですが、依存体質で主体性があまりない優柔不断な男性に多いタイプです。

 

Mな男性に対するテクニックとしては、

・「どうしてほしいの?」「ここが気持ちいいの?」というように質問風に話しかける

・手や足を軽く縛ったり、目隠しをするなど制限させる

・「まだイっちゃだめだからね」「舐めて」など、命令口調を使う

・四つん這いにして後ろからいじめる

・イク寸前に動きを止めてとにかく焦らす

というように、基本的に上から目線でいじめるのがとても効果的といえます。

もしもパートナーがいじめられる事に慣れているドMなタイプであったならば、

・上から男性の口に唾をたらして飲み込ませる

・顔面騎乗でのクンニ

・アナルに指を入れたり舐めたりする

 

というような強めのテクニックを使うとより興奮させてあげることができるでしょう。

 

セックスの挿入時も、定番の正常位やバックではなく、「騎乗位」はまさに見下ろすような姿勢で女性主導で動けるのでMな男性にとっては最高の体位といえます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

Sな男性とMな女性はともに約50%、Mな男性は約27%、Sな女性が約37%となっていますが、「どちらでもない、わからない」という女性も一定数いることがわかります。

 

Mな女性が男性にモテる、Sな女性が男性にモテるといった安易なものではなく、パートナーの男性がどのようなタイプなのかをしっかり判断することがとても重要なのです。

 

その判断がしっかりとした上で、今回ご紹介したテクニックを積極的に活用することでよりパートナーと楽しむことができるはずです。

 

ぜひ今日の夜からでも試してみましょう。

 

 

福岡 女性用性感マッサージ

ローズヒップ福岡 タカ

 

記事一覧はこちら

その他コラム

女性のセックスにおける感度は大きく3種類に分かれる

2019.09.17 コラム
あなたは男性とセックスをしてもあまり気持ちよくないと感じたことはありませんか?   日本人女性の約8割が中イキ... 続きを読む

女性がセックスでイケない理由って!?

2019.09.13 コラム
女性がセックスでイケないというのをよく耳にしますが、いったいなぜなのでしょうか?   大きく分けると、クリトリ... 続きを読む

恋愛におけるセックスの位置づけは?

2019.09.10 コラム
男女の恋愛とセックスは切っても切れないものというのが一般的な考えですが、最近では少し違った考え方(価値観)を持った女性が... 続きを読む