男性に知ってほしい女性が喜ぶセックス

コラム

2019/06/01

皆さんは男性にとってのセックスと女性にとってのセックスにはどのような違いがあるのかご存じでしょうか?

 

その違いをしっかりと理解することで、本当の意味での「気持ち良さ」を感じることができるといわれています。

 

しかし、男性は比較的独りよがりなセックスをしてしまいがちで、女性にとっての幸せなセックスという部分に無頓着ですよね。

 

そもそも女性にとっては「デート=セックス」という考えではないのですが、そのような事さえもわからない(わかっているけど自身の性欲に負けてしまう)男性がとても多いように感じます。

 

この記事ではそんな「女性が本当に喜ぶセックスとはどういったものなのか?」という疑問について解説していきたいと思います。

 

 

男性がよくしてしまう「女性無視のセックス」

 

 

男性が自分勝手なセックスをしてしまいがちな原因としては、自身の性欲をコントロールできていないという事と、AVなどの影響を受けすぎているなどという事が挙げられます。

 

特に多い「女性無視のセックス行動」としては、

 

・前戯が短い

・コンドームを着けたがらない

・セックスが終わったらすぐに寝てしまう

・自分の気持ちよさだけに集中してしまい、女性への奉仕行動が少ない

・自分の好きな体位でしかしない

・女性をイカせることに執着する

 

という行動が挙げられます。

 

どうしても男性は「自分が気持ちよくなる」ことを最優先に考えてしまうことが多くなってしまいがちです。

 

自分自身の性欲を満たすためだけのセックスを続けていては、彼女や奥さんの心は次第に離れていってしまいますし、実際に「性の不一致」が原因となり別れてしまう男女も多く存在しているのです。

 

女性が喜ぶセックスの仕方

 

それでは、女性が喜んでくれるセックスとは一体どういったものなのかを挙げていきます。

 

・お風呂でイチャイチャしてみる

・セックスの前にムードある言葉をかける

・キスは優しくゆっくり

・鎖骨やわきの下などを舐めてみる

・前戯に時間をかける

・全身をゆっくりと丁寧に触れたり舐めてあげる

・恥ずかしい言葉攻めをしてみる

・指を入れる前に太ももや股関節周辺を撫でまわしてみる

・コンドームは必ず装着する

・相手の女性が一番好きな体位を必ず取り入れる

・射精後すぐに寝ずに、添い寝したり抱きしめてあげる

 

女性は男性と違い「前戯」をとても大切にしています。

 

男性としては「早く挿れたい」と焦ってしまいがちですが、服を脱がす前から挿入までじっくりと時間をかけて「愛しい気持ちをしっかり表現する」ことがとても重要なのです。

 

そして、男性は射精後もすぐにタバコを吸ったり寝てしまいがちですが、女性に添い寝をして頭を撫でたりキスをするなどの余韻を与えてあげることで、女性のセックス幸福度は飛躍的にUPさせることができるのです。

 

このように、女性を喜ばすセックスができるようになれば、女性側もその愛情に応えようと今よりももっと積極的にご奉仕してくれるようになり、お互い満足度の高いセックスをすることができるようになるのです。

 

激しいセックスが好きという女性もいますが、そんな女性も上記のような「愛情が伝わる行動をしてくれて信頼できる」からこそ、激しいセックスで燃え上がることができるのです。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

自分自身が気持ち良ければいいという男性が非常に多いゆえに、世の女性のセックスに対する好奇心や欲望が低くなっているのではないでしょうか?

男性は自分の性欲を満たすことを第一に考えるのではなく、女性ファーストでセックスすることが重要なのです。

 

ぜひこの機会に自分のセックスが「自分勝手」になっていないかチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

 

福岡 女性用性感マッサージ

ローズヒップ福岡 タカ

 

記事一覧はこちら

その他コラム

相手男性の年齢によってセックスの満足度は違ってくる?

2019.12.14 コラム
一般的には、年齢を重ねた男性は勃起する力や性欲が衰えてしまうので、そういった男性とセックスしても満足度が低くなってしまう... 続きを読む

独りよがりなセックスから幸福度の高いセックスに変える方法

2019.12.07 コラム
  日本人男性は自分が気持ちよければいいという浅はかな考えで独りよがりなセックスを繰り返し、日本人女性は更に性... 続きを読む

「春夏秋冬」季節ごとにセックスしたい理由は変わる

2019.12.01 コラム
皆さんは春夏秋冬のどの季節が一番セックスをしたくなりますか?   魅力的な異性がパートナーであれば、季節なんて... 続きを読む