気持ちよさが倍増する女性のオナニーテクニック

コラム

2020/02/21

日本人の女性はオナニーを「恥ずかしい行為」だという認識があり、積極的にしていないと思っている男性も多いのではないかと思います。

 

しかし実際には、約80%の女性が日常的にオナニーをしていて、性欲を満たしたりストレスを発散しているのです。

 

(無記名でのアンケートで「オナニーをしていますか?」という問いに対するYESの割合が約80%)

 

しかし、女性のオナニーに対して閉鎖的な環境である日本においては、「気持ちの良い女性のオナニー」の知識や情報はそれほど広まっていないのではないでしょうか?

 

この記事では、そんな「気持ちよさが倍増する女性のオナニーテクニック」について解説していきたいと思います。

 

 

女性にとってのオナニーはどんな良い影響がある?

 

 

男性と比べてオナニーをする機会の少ない女性のオナニーですが、実際にはとても多くのメリットがある行為なので、積極的に行うべきなのです。

 

例えば、

・セックスする時の感度がUPする

・溜まった性欲を満たしたり、ストレスが解消でき、気持ちを落ち着かせることができる

・ぐっすりと質の良い睡眠ができる

・新たな性感帯を開発できる

・女性ホルモンが活発に分泌されるので肌が綺麗になる

 

というように、女性にとってプラスの効果がとても多く、暮らしの幸福度を上げるためには必須といえます。

 

 

女性がオナニーする上での注意点

 

 

女性がオナニーをすることで良い影響がある一方、いくつかオナニーする上で注意しなければならないこともあります。

 

一つ目は「妄想を膨らませ過ぎないこと」です。

 

妄想を膨らませすぎて、あまりにも非現実的なシチュエーションを想像してしまうと、現実世界でのセックスではイケなくなってしまうこともあります。

 

二つ目は「足ピンオナニーをしないこと」です。

 

足ピンオナニーとは「足をピンと伸ばした状態でオナニーすること」なのですが、この足ピンオナニーに慣れてしまうと、普通のセックスではイキにくくなってしまうのです。

 

なぜイキにくくなるのかというと、通常のセックスでは「足を曲げた状態」であることが非常に多いからです。

 

確かに足ピンの方がオナニーではオーガズムを感じやすいのですが、気持ちの良いセックスをするためにも足ピンオナニーするのは控えましょう。

 

 

気持ちいい女性のオナニーテクニック

 

 

何も考えずにオナニーをするよりも、より気持ちよくなるためにちょっとしたテクニックを使った方が良いでしょう。

 

例えば、

したくなったらお風呂やトイレなど、どこでもしちゃうのではなく、「ゆっくりと落ち着ける場所まで我慢して思う存分オナニーをする」のです。

 

女性に限らず、人はムラムラしてしまうと手っ取り早く一人になれる空間を見つけオナニーしてしまいがちなのですが、それだと短時間でイクために「クリトリスと乳首だけ刺激してイってしまう」といったように、あまり良い影響を与えてくれないのです。

 

一番落ち着く自分の部屋で、時間も気にせずオナニーに没頭する方が、何倍も良い効果が期待できるはずです。

 

他にも、「好きな人や好きなシチュエーションを妄想しながらオナニーする」というのも効果的です。

※前記した通り妄想のしすぎには注意が必要です。

 

自分でクリトリスなどをいじっているのではなく、男性にいじってもらっているという妄想ができれば、興奮度もグッとUPするはずです。

 

そして、「アダルトグッズ」や「スマホのバイブ機能」「電動歯ブラシ」などを使うのもおすすめです。

 

特に最近のアダルトグッズはとてもクオリティーが高く、電マやバイブ、ローターなどの振動系グッズや、気持ち良さを倍増させてくれるローションなどを使うとより満足度の高いオナニーができるはずです。

 

 

まとめ

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

たかがオナニーと思う人もいるかもしれませんが、満足度の高いオナニーができると性欲を満たすことはもちろん、ストレス解消や美肌効果、深い睡眠、新たな性感帯の発見などができるようになるのです。

 

オナニーをするときには、自分の部屋など「じっくりを気兼ねなくオナニーできる環境」で「オナニーグッズ」などを使って、質の高いオナニーをしましょう。

 

 

福岡 女性用性感マッサージ

ローズヒップ福岡 タカ

記事一覧はこちら

その他コラム

男性に飽きられない女性になるための最高のテクニック

2020.07.14 コラム
「美人は3日で飽きる」なんていう言葉があるように、男性と女性の恋愛では必ず存在する「飽きる」という感情。   ... 続きを読む

男性が家事や育児に参加しない夫婦はセックスレスになることが多いって本当?

2020.07.07 コラム
近年「イクメン」という「家事や育児に積極的に参加する男性」が増えてきていると話題にはなりましたが、実際はまだまだ少数派で... 続きを読む

女性用性感マッサージが最近セックスしていない女性におすすめな理由

2020.06.30 コラム
ここ最近、「女性用の性感マッサージ」が注目を集めています。   名前はなかなか表には出てきませんが、誰もが知る... 続きを読む